Jibunshi Mini Book 自分刺がさらに進化しました STANDARD & PREMIUM
自分刺®️が本当のミニ雑誌に。 これが本来の自分刺の姿。

今までにない次世代の2つ折り名刺「自分刺®」(じぶんし)。2012年に発表して以来、全国のクライアント様に好評いただいております「自分刺」。

この圧倒的なプロモーション力を持つ自分刺がさらに進化して登場しました。

その名も「自分刺ミニブック」。その名の通り、ミニブックとなって、新たなプロモーション力を発揮してくれることでしょう。

中閉じ

8P, 12P

自分刺ミニブックのサイズについて

これが名刺サイズ(55×91mm)の「自分刺」(4P&8P)サイズ。

80×120mm

自分刺ミニブックがこのサイズ。

(80×120mm)で、8Pと、12Pプランをご用意。

これがポストカードサイズ(100×148mm)の「自分刺PC」。

誰もが釘付けになる ミニチュアサイズ。
ページものなので、 コンテンツが充実。

今回の「自分刺ミニブック」は、ページもの。

名刺などの限られたスペースでは、概要を伝えられたとしても、サービスの細かい部分までは伝えることができませんでした。自分刺ミニブックはページが増えたことで、本当に書きたいこと、伝えたいことを伝えることができ、コンテンツが充実。

サイズも80×120mm。邪魔にならないサイズで、しかもミニチュア感があるので、思わず手にとってしまい、見入ってしまうほどの可愛さです。

8ページと12ページ

今回の「自分刺ミニブック」は、8Pと12Pのプランをご用意しておりますので、ページの使い方は、無制限に広がります。

見開きで「お客様の声」などもがっつり掲載できます。

お客様の信用を得るには今や「お客様の声」は必須です。お客様の声も一緒に読める「自分刺ミニブック」は、読む方も読み応えのあるツールとなるでしょう。

スタンダードタイプ

インパクトと実用性を

自分刺ミニブックの「スタンダードタイプ」は、今までの「自分刺」同様、文字は小さいのですが、読めるようにフォントのサイズを「5.5ポイント」より、小さくならないようにしてあります。そのため、インパクトはありつつ、実用性を兼ね備えたスタンダードタイプです。

スタンダードタイプ文字サイズ(5.5ポイント)※拡大表示

【自分刺ミニブック スタンダード】の

メリット:文字が読めるので、実用的インパクトもそこそこある。

デメリット:文字数の情報がプレミアムにくらべて、少ない。

★こんな人に向いている…今まで「自分刺」を作って来られた方、自分のサービスをきちんと伝えたい方、情報量を沢山載せたい方など。

プレミアムタイプ

とりあえずインパクト

自分刺ミニブックの「プレミアムタイプ」は、実用的観点からではなく「本当の『雑誌』をそのままミニチュアにする」というコンセプト。そのため、文字は5.5ポイントよりも小さく本当に虫眼鏡を使わないと見えない?遊び心があり、インパクト重視のプレミアムタイプ。

プレミアムタイプ文字サイズ(4ポイント)※拡大表示

プレミアムタイプは280線の超高精細印刷になります。

【自分刺ミニブック プレミアム】の

メリット:インパクトがある。文字情報を沢山載せることが可能。

デメリット:文字が小さい。読もうと思えば読める(笑)

★こんな人に向いている…とりあえず、かなりのインパクトを与えたい方、初対面でなんとしても「爪痕」を残したい方(笑)

自分刺ミニブックは2タイプ。
ミニパンフレットと しても活用
実際に手にとって 体感してみてください。

実物を実際にご覧になりたい方は、

(5部まで)

無料で郵送します。

お問い合わせフォームから

自分刺ミニブックの価格表はこちら

期間限定!キャンペーンにて、特別価格にて!

自分刺ミニブックのお問い合わせこちら

その他の「自分刺」シリーズはこちら